「sp.」タグアーカイブ

Austrolebias sp. “CXCL001 Ruta 26 Km 331”

Austrolebias sp. “CXCL001 Ruta 26 Km 331”

まだsp.コードで入手してた時代。
cxclなのかcxciなのかcxc1なのか文字が読めないと言うのが、この種だけでなく多発していた。大文字で書いてくれると納得。
結局2006年に juanlangiに。
ドラズネンシスとは別。

Austrolebias sp. CXCL001 Ruta 26 Km 331
Austrolebias sp. CXCL001 Ruta 26 Km 331
Austrolebias sp. CXCL001 Ruta 26 Km 331
Austrolebias sp. CXCL001 Ruta 26 Km 331

 

Nothobranchius sp. aff. korthausae “Kwachepa TZL 53-01”

Nothobranchius sp. aff. korthausae “Kwachepa TZL 53-01”

コルタウサエ、コーソーザイのほうが分かりやすいか。
トラ模様。夏場のメダカ。やはり塩が有ったほうが良い。
コショウ病に注意。1~3ヶ月。
孵化後1ヶ月程度で雌雄判別可能。

Nothobranchius sp. aff. korthausae "Kwachepa TZL 53-01"
Nothobranchius sp. aff. korthausae “Kwachepa TZL 53-01”

Nothobranchius sp. aff. rubripinnis “Mbwemkuru River KTZ 85-28”

Nothobranchius sp. aff. rubripinnis “Mbwemkuru River KTZ 85-28”

ルブリピンニス。
5cm程度になる。3ヶ月。
塩が有ると良い。コショウが出る。
3代目くらいまでは余裕。次からなぜか難しくなる。

Nothobranchius sp. aff. rubripinnis "Mbwemkuru River KTZ 85-28"
Nothobranchius sp. aff. rubripinnis “Mbwemkuru River KTZ 85-28”
Nothobranchius sp. aff. rubripinnis "Mbwemkuru River KTZ 85-28"
Nothobranchius sp. aff. rubripinnis “Mbwemkuru River KTZ 85-28”
Nothobranchius sp. aff. rubripinnis “Mbwemkuru River KTZ 85-28”