「Austrolebias」カテゴリーアーカイブ

Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015

Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015

エロンゲータス。エロンガトゥス。
ロケからするとエゼイザよりもやや南側に生息。
小型の個体群のようで10cm程度で止まってしまいました。
残念ながら雌と思われた個体が雄化していきました。
成魚の状態の雄2匹を一つの水槽に収容するとボロボロになるまで激しく喧嘩します。ペアでも餌不足に注意しないと雌がやられそうです。
ヒレ等から見ても雌だと判断しても成長していく中で変化したりと。まだまだ奥深い。

Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015 雄個体
Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015 雄
Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015 雌と思われた個体
Austrolebias elongatus “Gral. Lavalle” AR2015

Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”

Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”

ニグリピンニス
ニグリのグアレロケ。アレキでも同ロケが有り。
他種でも混在して同じロケに居たりする。その中で自然交雑から変化?進化?していくのだろう。人間が勝手にそれらを新種としたり分類分けしているだけのことなんだろうなと。

Austrolebias nigripinnis "Gualeguaychu"
Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”
Austrolebias nigripinnis "Gualeguaychu"
Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”
Austrolebias nigripinnis "Gualeguaychu"
Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”
Austrolebias nigripinnis "Gualeguaychu"
Austrolebias nigripinnis “Gualeguaychu”

Austrolebias prognathus “Ruta 14 Km. 504 Canal Andreoni”

Austrolebias prognathus “Ruta 14 Km. 504 Canal Andreoni”

プログナトゥス
コンベにて持ち替える。15cm。太さも5cmほど有った。
なぜかイボイボになっていた。水質等の変化から肌が荒れて弱いんだと思う。しっかり卵は採ったど!
休眠4~5ヶ月。口から口が出るほどの孵化後の共食いに注意。
10cm弱までは斑模様がはっきりしている。

Austrolebias prognathus "Ruta 14 Km. 504 Canal Andreoni"
Austrolebias prognathus “Ruta 14 Km. 504 Canal Andreoni”